大人になって一番最初に飲むお酒はビールやチューハイなど比較的アルコール度数が低いものが多いと思います。

 

 

徐々に慣れてくるにしたがってお酒そのものに加えて香りや芳醇さ、そして心地よさを求めて日本酒やワイン、焼酎などを覚えていきます。

 

 

 

その中で渋い男性が飲むアルコールと言えばウイスキーがあげられます。

 

独特のコクと上品に蒸留されたアルコール分はイギリスやアイルランドの伝統、そして日本の技術力の高さを感じます。

 

 

 

現在販売されている銘柄はピンからキリまであわせて100銘柄以上あり、同じ銘柄の中にも年代ものによってさらに種類が分かれるなどしています。

 

人気な銘柄であれば炭酸を割ったハイボール缶チューハイとしても売られているものもあります。

 

 

その中でおすすめなのは角ウイスキーです。

 

一番安いランクの少し上にあるものですが、それらと比べて一気に香りがよくなります。

 

 

もちろん高級品と比べると味や香りなどは劣るものの、ウイスキーらしい芳醇さという意味では安い価格帯のものと比較すると格段によくなります。

 

輸入ものだとジャックダニエルなどはおすすめです。

 

角と同じような位置づけのウイスキーです。

 

 

そのほかアイリッシュなどはコーヒーに入れてリキュールコーヒーとして親しまれるなどマニアックですがおすすめの銘柄です。