糖尿病は日本人にとって、とても身近な病気です。

 

厚生労働省が行った調査によると、

糖尿病が強く疑われる人は約850万人。

糖尿病の可能性が否定できない人は約680万人と推定されています。

 

なお、糖尿病患者の年齢を見てみると、

男性においては40歳以上、

女性においては50歳以上の人、

つまり中年層以上からその割合が高まっているようです。

 

 

悪いことに糖尿病は自覚症状がほとんどない病気です。

 

ですので気が付いた時には病気がかなり進んでしまっていたり、

糖尿病によるさまざまな合併症が起こってから、はじめて糖尿病と診断されることも多いのです。

 

糖尿病の原因は、

 

太りすぎ、運動不足、甘いものの取り過ぎといった食生活などの環境因子と

体質(遺伝)の組み合わせで起こると考えられています。

 

それでは糖尿病になると、どうなるのでしょうか。

糖尿病になると、血管の中は血糖値が高い状態が続きます。

 

血糖値が高い状態は、血液をドロドロにし、血管を傷つけ、さまざまな負担を血管に与えます。

 

糖尿病は、長い時間をかけて血管をボロボロにしていく病気とも言ってもいいでしょう。

その結果、脳梗塞・心筋梗塞など直接命にかかわる病気を引き起こすこともあります。

 

 

ではどのような症状が出るのでしょうか。

 

・のどが渇いて、水分をたくさん飲む

・尿の量(回数)が多い

・体重が減る

・疲れやすくなる

このような症状があらわれます。

 

しかし初期の糖尿病の場合、自覚症状がみられないことが多く、発見が遅れることがあります。

 

 

 

どのような治療法があるのでしょうか。

・食事療法

・運動療法

・薬物療法

 

大きく分けて上記の3つの方法で治療していきます。

 

 

 

糖尿病は一度発症してしまうと治りにくい病気ですが、

自分の状態に合わせて「食事療法」・「運動療法」・「薬物療法」を行えば、

 

健康な人となんら変わらない生活を送ることができます。