たこ焼きはころころとした形であるので、子どもでも食べやすく人気のある食べ物の一つですね。

 

その場でアツアツのものを食べることもでき、大勢で楽しむこともできるのでパーティではよく出されるメニューの一つです。

 

基本的な材料としては、主役のタコ、ねぎ、小麦粉、卵、だしです。

 

トロトロの状態にしたら生地の完成です。

 

紅ショウガを入れると味にパンチが出てきますが、小さい子供がいる場合は嫌がる場合があるので、のぞいておいたほうが無難です。

 

 

 

作り方はたこ焼きの器機に生地を流しいれその上にタコを入れます。

 

周りが固まってきたら楊枝や先のとがったもので少しずつたこ焼き器から外し半分くるっと返します。

 

このとき、半円状態になってしまったら生地を入れるとなんとなく丸くなっていきますよ。

 

 

変わり種の具には、キムチやしゃぶしゃぶ用のおもち、とうもろこし、エビやホタテといった海鮮類、ブロッコリー、明太子があげられます。

 

 

洋風であればチーズもあいますし、デザート用であればチョコレートでも大丈夫です。

 

チョコレートの生地のレシピは、だしは入れないようにしましょう。

 

生地に砂糖と牛乳を入れるかホットケーキミックスで作ると味に失敗はありません。