無線ルーターであれば、簡単にwi fiを利用することが出来ます。

 

もちろん有線でも使用することが出来ますが、よりおすすめなのは無線です。

 

 

設定方法は簡単でルーターから取扱説明書に書かれたパスワードを入力して管理画面にログインします。

 

そこから無線LANの設定を操作するのです。

 

暗号化方式はWPA2のほうが一番安全なのでそちらを選ぶと良いでしょう。

 

アクセスポイントの名前はわかりやすいように日本語も使用することが可能です。

 

アクセスポイントのパスワードは第三者から特定されにくい無意味な文字列にしましょう。

 

 

その他、予め決められておいた端末しか無線LANを利用できないようにすることも可能です。

 

この方法はMACアドレスフィルタリングと言って、端末に指定されている固有の識別番号を無線ルーターに入力しておくことで、それ以外の端末が無線ルーターを利用できないようにすることが出来ます。

 

パスワードが知られた場合でもMACアドレスフィルタリングで指定された端末以外はアクセスできないので、セキュリティを高めるためにも事前に設定しておくと良いでしょう。

 

注意しなければならないのは、WEPという暗号化方式で、この暗号化方式は盗聴されやすくなっています。