ペットの出る映画には犬が多いといえるでしょう。

 

コジマのようなペットの専門店で連れてくるのかもしれませんが、とてもかわいいのが特徴的だったりもします。

 

 

犬が多くなるのはやはりそれだけ扱いやすい事があると考えられます。

 

ペットも動物ですから、自由気ままに動くので、まず命令を聞くというような事はありません。

 

唯一の例外が犬という事になるので、これしか選択肢が無いという事になるのでしょう。

 

 

猫だとじっとしていませんから、自由にさせておいて、欲しいシーンになりそうなことを待つというような事をするしかありません。

 

ですが、犬であれば命令をしてその状況を作り出すという事が比較的容易にすることが出来ます。

 

 

これは映画を作る人に取っては大きな意味を持つことになるでしょう。

 

何しろ映画とは時間との勝負という事になりますから、勝手に動かれる動物ではまず選択肢に入ってこないというわけです。

 

 

その動物である必要性があれば選択するしかありませんが、そうでないのであれば、まず犬から考える事になります。

 

万能でなんにでも使えるというわけではないにしても、じっとしていられたり、合図で動いてもらう事が出来るというのは映画作成者としてはとても助かるのでしょう。