手作りの温かみが伝わるパッチワークですが、初心者には作り方が難しいのでは?と感じてしまいます。

 

どんな生地を選んだらいいのか、いろいろなパターンがあるようだけど自分でも作れるのかなど、手を出す前に考えすぎて面倒になってしまうこともあるかもしれません。

 

 

初心者向けのパターンとして、正方形と長方形を組み合わせただけのシンプルなものもありますが、自分はもっと複雑なものを作ってみたいとか、以前見かけて気に入ったパターンを自分で作ってみたいと思うのなら手軽なキットの購入がお勧めです。

 

 

キットを購入すれば必要な生地を無駄なくそろえることができ、指示通りに作れば一つの作品を完成させることができます。

 

初めてパッチワークをする人の多くが挑戦するタペストリーをはじめ、ティッシュカバーやバッグ、ウォールポケットなど様々なキットが販売されています。

 

 

パターンは本を参考にするだけでなく、ネットで型紙を手に入れることも可能なのですが、まずはこのようなキットでパッチワークの基礎を覚えて、慣れてきたところで自分で生地を選び自分でパターンを決めて作ってはいかかでしょうか。

 

 

パッチワークのキットは手芸店で購入できるほか、通販でもいろいろと販売されているので自分好みのものを選んでみましょう。