しっかりと味が染み込んだ大根やこんにゃく、色づいた卵などが入ったおでんは、多くの人に愛されているお料理です。

 

セブンイレブン等のコンビニにも登場するほど、冬の風物詩として長く愛されてきました。

 

 

そんなおでんを家庭で美味しく作りたいなら、やはり何よりもだしにこだわるべきでしょう。

 

おでんには多様な具が入っているのが魅力ですが、やはり一つ一つの具材にたっぷりと染み込んだだしの味がポイントだといえます。

 

 

おでんの素など、すでに調味されただしを購入するのも良いですが、基本となる部分からしっかりと手間をかけていけば、いつもより本格的な味わいが楽しめます。

 

 

おでんだしのレシピには様々なタイプがありますが、関東ではかつおがメインとなり、関西や北海道では昆布が中心となることが多い傾向です。

 

また関東のだしは濃口の醤油で味をととのえることが多く、関西は全体的に薄味のあっさりとした風味に仕立てることが多いとされています。

かつおや昆布の旨味を抽出しただしは、香りがよく口のなかいっぱいに優しい味わいをひろげてくれます。

 

手作りの美味しいだしで具材をじっくりと煮て、市販のおでん用調味料とは一味違った本格的な味わいを楽しみましょう。