関東に住んでいる場合、特にお好み焼きはお店で食べるイメージがありますが、家庭でも気軽に作ることができますね。

 

お好み焼きをおいしく作るにはふわふわの生地をまず作ることが大切です。

 

ふわふわの生地の作り方としては、大和イモや山芋をすりおろして小麦粉に入れるのがポイントです。

 

もし山芋が手に入らないようであれば長芋でも大丈夫です。

 

溶き卵とだしを入れて生地をつくりましょう。

 

生地に天かすを入れとコクが出てきます。

 

 

フライパンはしっかり温めておいてください。

 

中に入れるのはキャベツの千切りと、自分のお好みの具材です。

 

人気なのは、豚肉、紅ショウガ、サクラエビですが、青じそとベーコンといった組み合わせや海鮮、焼きそばなども人気です。

 

 

最後に青のりや鰹節をトッピングしますが、青のりは前もって生地に少し入れておくと生地にも味がついておいしいですよ。

 

お好み焼きの人気レシピは広島方面であれば、生地を薄めにしてめんをのせたお好み焼きやキャベツたっぷりのお好み焼きがあります。

 

お好み焼きですので、何を入れても良いですが、変わり種として人気なのは焼き鳥やおもちがあげられます。

 

最後に半熟の目玉焼きをのせると食べるときにトロッと卵が流れ出てくるので、味に深みが出てさらにおいしくなります。