東京のモーターショーのコンパニオン見たさにチケット購入するという方もいるでしょう。

 

だからこそのコンパニオンという事が言えます。

 

そうでなければ別にコンパニオンがいる必要は無いわけで、単にメディア向けのアピールというわけではありません。

 

 

ただ、最近のコンパニオンは解説などの仕事も出来るようになっている事もあり、単に横にいるだけの昔の役割とは変わってきているという事があります。

 

実際に車を動かしてその有益性をアピールするような事が出来るようにもなっていますから、そうした最先端技術も見てみたいところです。

 

 

 

とはいっても、これからの車はどんどんと自動運転になってきています。

 

 

ですので、何もしないでも車庫入れが出来たりという何もしないという事で役目を果たすという事がメインにもなっています。

 

 

これからの車は乗っているだけという事が主流になるでしょうから、そうした事を考えるとコンパニオンの仕事もまた変わっていくのかもしれません。

 

 

いかに自動運転が素晴らしいかという事をアピールする必要性が出てくるので、これをどうやって伝えるのかという事を考える必要性が出店する側には必要になることでしょう。