人気のゲームソフト「マリオカート」は1992年にスーパーファミコンソフトとして発売されて以降、dsやwii、switchなどあらゆる任天堂ゲーム機のソフトとして9作品が発売されており、総売上本数は1億2000万本を越えています。

そういった人気ゲームだからこそ、最近ではスマホアプリ版が登場することも発表され話題になりました。

 

ただ、マリオカートは他のキャラクターの邪魔をしながらレースで1位を目指すアクションレーシングゲームなので、どのシリーズ作品でも基本的にやることは同じです。

違いがあるとすれば使用できるコースやアイテムぐらいです。

ですから、新しいコースやアイテムを楽しみにしている方であれば最新作を購入する必要がありますが、ただ単に友達や家族でレースを楽しみたいという方であれば、わざわざ新作を購入してプレイする必要がないのです。

 

しかし、旧作と言えども新品購入すれば値段も正規の値段、もしくは少し割引された値段になってしまいます。

ですから、友達や家族でレースを楽しみたいという方や、純粋にマリオカートのドライビングテクニックを磨きたいという方であれば、かなり格安な値段で購入することができる中古ソフトを買ってゲームを楽しんだ方が絶対的にお得です。