招き猫と言えば金運アップというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

 

 

実は上げている方の手によって意味が異なります。

 

右手が金運で左手は人を招くと言われています。

 

この猫の手の長さが長ければ長いほど、遠くにある福や大きな福を招き寄せる力があるという説があります。

 

 

その一方で、手が長すぎるとバランスが悪く破損しやすくなるので、長すぎると福が遠のくとも言われています。

 

欲張りすぎるのは良くないとういうことだと考えられます。

 

この招き猫の置物の色にはバリエーションがありますが、色によって意味が異なるということを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

 

白色は開運招福

黒色は厄除けや家内安全

赤色は健康長寿

ピンク色は恋愛成就

黄色は金運繁栄

金色は金運

 

です。

 

正直ピンク色は何となく察しがつきますし、金色はあからさまで誰が見ても意味の分かる色だと思いますが、他の色は色からは判断が付きにくいです。

 

このように手の長さや色によって異なることから、自分が求めるもので気に入るものを探し出すのは少々大変です。

 

最近では、骨董品店や雑貨屋さんに行かなくても通販で沢山販売されています。

 

自分が今、何を招き寄せて欲しいかを考えながらインターネットで探してみてはいかがでしょうか。