照明でおしゃれなリビングに変身できるインテリアがあります。

 

例えばちょっと格好をつけてライトのように照明にカバーがあるようなモノ付けてみるのも面白いでしょう。

 

すると光が当たるところ当たらないところが出来て、これで陰影を造るような事も出来るようになります。

 

照明自体もお洒落感があり、実際の景色も普段見ているものとは変わるので、これがちょっとした演出効果を期待することが出来ます。

 

 

人は均一になっているモノを見るとある程度は整っているという感じは受けますが、それではお洒落感は演出できません。

 

意図して何かの変化があるというところにおシャレがあり、こだわり感を出していく事が出来るわけです。

 

 

照明器具そのものに拘ってみるのも楽しいモノで、場合によっては三角の照明を使ってみたり、直方体のモノにしてみたりというのも良いでしょう。

 

いろいろとイメージを膨らませばいくらでもやり方は出来ることが分かります。

 

そして、今はそうした需要に応えられるおシャレなインテリアを扱ったところもかなりありますから、そうしたところにいって実際に見てみるのもいいでしょう。

 

 

こんな感じになるのかというイメージが出来るようになりますから、そこから膨らませていく事も出来るはずです。