結婚式に出席できる人は、出席の時にお祝いを渡します。

 

お返しとしては食事であったり引き出物があるので、特に別途渡されることはありません。

 

しかし出席できない人は結婚式の前や後に結婚祝いなどを送ります。

 

その時にそれに対するお返しをどうするか考えなくてはいけません。

 

 

いつ頃送ればいいのか、金額の目安はどれくらいになるのかなどを知っておくと良いでしょう。

 

送る時期としては式の後1カ月以内ぐらいが良いとされます。

 

式の後は新婚旅行や手続きなどいろいろ忙しいかもしれませんが、あまり遅くなり過ぎないようにしましょう。

 

どうしても遅くなりそうなときは、先にメッセージだけでも送ります。

 

お祝いに対するお礼の気持ちを書くようにしましょう。

 

 

 

金額に関しては半返しのルールに従って行うようにします。

 

1万円や1万円相当のものをもらったならその半額の5千円ぐらいのものを準備しておきましょう。

 

 

ただ目上の人から目下の人にお返しをするときには必ずしも半返しにはなりません。

 

同額程度を返す考えもあります。

 

1万円程度のものをもらったなら、1万円から8千円ぐらいのものを用意しましょう。

 

 

のしをつける時にはお祝い事なので紅白のものを選びます。一度で済むように結び切りを選びます。