ふるさと納税という言葉を耳にしたことがあると思いますが、いったいどういう納税なんでしょう。

 

ふるさと納税には色んなメリットがありますので、知らない方に簡単に説明したいと思います。

 

皆さんは、税金をどこに収めていますか?

 

多分、今お住まいの地域の自治体に収めていると思います。

 

普通はそうでしょ?それが当然でしょ?って思いますよね。

 

ですが、きちんと税金として収めるわけですから、基本的にどこの自治体に収めても構わないわけです。

ふるさと納税とは、あなたが応援したい自治体に納税という形で寄附ができる制度のことです。

 

あなたが東京で働いていても、ふるさとの山形に収めても構いませんし、福島を応援したければそちらに収めても構いません。

 

でも、わざわざそんなことする必要あるの?って思いますよね。

 

ふるさと納税にはいくつかのメリットがあります。

  • 所得税や住民税の還付や控除を受けることができる。
  • 名産品など、お礼の品がもらえる地域もある。
  • 生まれ育った場所でなくても、好きな自治体に寄附できる。
  • 寄付金の使い道を選択することができる。

 

何よりも、今までは漠然と納税されていた方も、自分の意思を持って納税できるところが最大のメリットです。

 

手続きも難しいことはありません。

 

税金の控除・還付を受けるのも、「確定申告」をするか「ワンストップ特例制度」の申請をすればOKです。

 

「ワンストップ特例制度」なら、確定申告をする必要はありません。

 

寄附した自治体に申請書を送れば、控除上限額の範囲内で寄付した合計金額のうち2,000円を差し引いた額が住民税より全額控除されます。

 

みなさんも是非、ふるさと納税を利用してみましょう。