フライパンといえば、主婦の人はもちろん一人暮らしの人も一つは持っている代物だとおもいます。

 

でも大事に使っていないと加工しているフライパンもすぐにダメになってしまいます。

 

そこで少しでも長持ちする方法をいくつか紹介します。

 

一つ目は弱火で使うです。

 

加工しているものは熱に強いと謳っているものも多いですがやはり長持ちさせる面では強火は寿命を早める行為ではあります。

 

弱火はじれったいときもありますが、料理もおいしくなることもあるので是非とも試してみてください。

 

 

もしどうしても強火で料理したい方は鉄のフライパンを使用してみるとよいです。

 

その時は料理の際は油をしっかりひき、調理後は洗剤を使わずに洗い、強火で水気を飛ばすなどお手入れには十分気を付けてください。

 

 

続いておすすめすることは洗い方です。

 

洗剤でスポンジでゴシゴシすると細かい傷を増やしてしまい、そこからまた汚れが付いてさらに一生懸命洗ってを繰り返してしまいます。

 

その為、洗う前には重曹とお湯を混ぜたものを入れ、しばらくしてから優しく洗うと焦げや汚れも落ちやすくなります。

 

 

併せて取っ手のとれるタイプを使用すると収納するときに便利でおすすめです。

 

綺麗に収まるのでフライパン同士の擦れ傷防止にもなります。