礼服と喪服は同じで良い時もありますが、喪服を礼服として利用できても、礼服を喪服として利用できないようなことは多いので注意が必要です。

 

礼服は光沢があってもスリムなタイプのスーツになっていても良いですが、喪服としての衣装は光沢があってはいけませんし、またスリムに見えるようにスリットが入っていてもいけないので、礼服で代用しないほうが無難でしょう。

 

 

特にレディースは仕事用のスーツを喪服にしてしまうと失礼になってしまうことも多いので注意です。

 

 

喪服や礼服は長く使用するものですから値段が高く良質のものを1着用意しておくと急に着なければいけない時も焦らなくて良いですが、安いものしか購入できないようであれば、レンタルを利用しても良いでしょう。

 

レンタルであれば安い費用で良質のものを選ぶこともできるものです。

 

急に必要な時もすぐに用意してもらうことができます。

 

礼服や喪服で非常識なものを購入すると自分の評価を下げてしまうことにもなってしまうので注意です。

 

また、長く着るつもりで購入しても歳を重ねたことによりサイズが合わなくなってしまうこともあるので、その都度サイズオーバーにならないようにするためにもレンタルを利用しましょう。