コーヒー豆の品種の種類

 

コーヒーは大きく分けてアラビカ種、ロブスタ種(カネフォーラ種)、リベリカ種の3種類に分けられ「コーヒー三大原種」とも呼ばれます。

 

コーヒー豆の銘柄の種類

 

世界60数カ国で生産されているコーヒー。
全世界で栽培されているコーヒー豆の種類は、およそ200種類を超えると言われています。

有名どころを挙げると・・・

 

ブルーマウンテン
モカ
キリマンジァロ
ハワイ・コナ
グァテマラ
コロンビア(エメラルドマウンテン)
マンデリン
コスタリカ
ブラジルサントス
ジャワ
コピ・ルアク
ケニア
トラジャ
ロブスタ
ブラジル

 

 

コーヒー豆は銘柄によって酸味、香り、コク、苦味に違いがあります。
いろいろなコーヒー豆の特徴を知って、ご自分のお好みの銘柄を探してみませんか。

 

 

コーヒーの入れ方

 

まず豆を選ぶことから始まり、豆を焙煎する、ブレンドする、挽く、淹れるという工程になります。

豆を選ぶ、豆を焙煎する、ブレンドする、挽くまでの工程は専門店で行うことが多く、

一般的には淹れるからがコーヒーの入れ方になります。

 

コーヒーを入れるには、代表的な2種類の方法があります。

ドリップ式とサイフォン式。

 

他には、

ネルドリップ
フレンチプレス
エアロプレス
クレバーコーヒードリッパー
コーヒーメーカー
エスプレッソマシン
マキネッタ
ウォータードリップ
パーコレーター

 

入れ方のポイントは、
(1)コーヒーは新鮮なものを使用する。
(2)水は汲みたての新しいものを沸かす。
(3)抽出器具やカップは清潔な物を使用し、あらかじめ温めておく。
(4)コーヒーは抽出器具に合わせて挽いたものを使用する。
(5)コーヒーと水の量は、パッケージなどの解説に従い、適正な分量を使用する。
(6)抽出時間や抽出温度を守る。

 

コーヒーの効能

 

・覚醒作用

・脂肪燃焼効果

・生活習慣病などの病気予防

・抗酸化作用でストレスの緩和効果やアンチエイジング効果

・消化不良の改善

・利尿作用

・口臭予防

・二日酔いを予防

・片頭痛の軽減効果

・美肌効果