赤ちゃんが生まれると、周囲の方から心のこもった出産祝いを頂きます。

 

出産直後には体調もいろいろ難しいでしょうから、少し落ち着いたころにそのお返しをすることになります。

 

 

出産祝いは現金や商品券だったり、ベビー服や実用品で頂いたり、といろいろなケースもありますが、送り主とその物品、現金以外でもだいたいの金額をリストにして残しておくことが大切です。

 

 

お返しは相手が近くにお住いの場合にはお届けすることも可能ですが、遠方であったり、体調が芳しくない場合にはネットで手配して宅配でお届けしても問題はありません。

 

 

いずれの場合にも、かける金額は頂いた分の半返し程度が妥当です。

 

 

のしをつけるのであれば『内祝い』とし、のしをつけない場合でも、感謝の気持ちのこもったメッセージをカードにして添えてもらうのが良いでしょう。

 

ネットでもギフト関係のショップではそういった指定の手配が可能なので、忘れずに申し込みましょう。

 

 

内祝いに送って喜ばれるものは、予算の大小にもよりますが、土地の名産のお菓子だったり、タオルやシーツなどの実用品、また、内祝いの金額に見合うカタログギフトなどが便利です。

 

生まれてからは忙しくなることが予想されるので、出産前にそういった情報が出ているサイトやネットショップの下調べをしておくと慌てずに済むことでしょう。